FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 疲労困憊とユンケル
2017-11-24 (Fri)  08:36

疲労困憊とユンケル

lion

疲れているのである・・・。
父の看病で、一日中アレコレして、階段を昇ったり降りたり、ほんとうにグッタリである。
母はなんともないと言うので、わたしがやはり病気ゆえのしんどさがあるんだろうか。
思いついて、ユンケルを台所の奥から探してくる。

しかし、これが力が出なくて開かないのだ。
力を出すための飲み物の蓋が開かないって、どういう本末転倒?
結局、情けないことに母に開けてもらった。
彼女は、力自慢なのだ。

「ゆみさん、しんどそうって思ってたわ。身体がちょっと・・・」と母は言う。
やっぱり見ていてわかるんだな。
今日は診察日だけど、クリニックまで行くのがだるい。
でも、H主治医に話すのは、精神的に楽になるので、頑張って行ってこよう。

そして今日はまた、実家にわたしと入れ替わりで、妹が来ることになっている。
わたしは、自分のマンションで一泊一休みということになる。
ちょっと休憩ができるな・・・。
放送大学と「どうぶつの森・ポケットキャンプ」で、疲れを癒そう。

父に、「ゆきさん(妹)が来るよ」と言ったら、彼は「みんなに迷惑かけて、悪いのお・・・」と小さく枯れた声で言った。
わたしは不意を突かれて、「いや、近くにいるから」と答えた。
そして、父は最初ホスピスに行きたいと言っていたが、これでよかったのかなと思った。
彼自身は満足しているんだろうか。
やっぱり家でよかったって、思ってくれているのかな。

さて、父の死も秒読み体制に入っている感じだが、わたしは喪服その他を、マンションから実家へ運ぶ手間などを考えて、フラーッとなっている。
看病で疲れ切った身体で、果たして動けるんだろうか・・・。
葬式って、悲しみよりもバタバタの方が先だって、ほんとうなんだろうな。
それまでに、ユンケルを大量に用意しとかなきゃな・・・。

最終更新日 : 2017-12-31