FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › 妄想のはざまで
2019-12-11 (Wed)  18:40

妄想のはざまで

mikan
今日は午前中、ずっとソファに座って、うとうとしていた。
わたしが居眠りするのは、とても珍しい。たぶん新しい薬のせいだと思う。
午後になって、食べるものがないので仕方なく身体にムチ打って買い物に行った。
今晩はクリームシチューである。これで、3日間料理をせずにすむ。

そしてずっと、妹のことを考えていた。
彼女は、2年前の父の葬儀のとき、わたしを身をよじって避け、気がつくとじっと睨みつけていた。
これは、わたしの元彼と彼女が不倫したからなのだろうか。
わたしは一度、妄想を起こして彼女の夫に、「妻が不倫している」と忠告したことがある。
彼女は同じことをされると破局になるので、そのことを恐れて敵意と恨みをわたしにぶつけているのだろうか。

このわたしのこの考えは、果たして妄想なのか? と考えてみた。
今日は薬を入れてまた考えてみたが、やっぱり自分が正しい気がしてならない。
今度、H主治医にまた訊いてみようか。いまのわたしは、妄想を起こしているのかどうか。
妄想は、起こしている自分は気がつかないので厄介である。
どこをどうやったら脳がこんな具合になるのか、教えてほしい。

もしわたしの考えが妄想でなければ、妹はおそらくこれからもわたしを無視し続けるので、母親に念のため、母が認知症などになったときは母の貯金は二人の合意がなければおろせないのだ、とメールしてもらうように頼んだ。
ちょっと神経質すぎるとは思うが、老人なんて正月のモチであっという間に死ぬのだ。
向こうはお金があるからいいが、こっちはないので、貯金がおろせない事態になったらほんとうに困ったことになる。

こんど、妹と会う機会があったらわたしはどんな態度をすればいいのか。
元彼との関係を正しても仕方ないし、さりとてなんて情けないことをした! という気持ちもある。
思えば妹、わたしの元彼がもともと好きだったと思うんだよね。
昔、「Eさん、いつも女をとっかえひっかえで腹が立つ!」とか、不可解なことを言っていたこともある。
だからってお互い結婚してから一緒にならなくったって。少なくとも、男の方は病気だよ。
わたしは、妹への忌々しさに、頭痛を起こしてソファに座り込むのみである。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-12-11