FC2ブログ

LIFE,LOVE&PAIN

双極性障害・解離性障害をもつ女性の日記。人生っていろいろあるよね。

Top Page › 未分類 › フェイスブックの証拠
2019-12-17 (Tue)  18:11

フェイスブックの証拠

densha
昨夜はショックなことを聞いた。
元彼SちゃんがLINEをかけてきたのだが、彼は、わたしの妹と元彼Eが、あるターミナル駅で会っていたというのだ。

歩くグーグルのSちゃんは当時、わたしの妹のフェイスブックを見ていたらしい。
「妹さん、〇〇駅で電車を間違えて、△△駅へ行ったこともあるよ」
「え? 二人が会うとしたら□□駅じゃないの?」
「ちがーう。〇〇駅。あそこはホテル街があるからね」

〇〇駅というのは、妹の家から乗り継ぎで1時間かかる。
男の方は15分で到着である。
バカじゃないだろうか。これじゃまるで、デリヘルだよ・・・。

ちょうど5年前、わたしが妹に浮気を旦那に言いつけてやる! と言ったときに、妹はアカウントが削除したのだが、もしかして〇〇駅の写真とかたくさん載せていたからでは・・・。だとしたら、友人関係、みんな怪しむことになる。
なんとなく、いままでずっと疑問に思っていたことが全部つながる。
そしてわたしを10年足らずだましていた妹に、怒りが込み上げる。

母親に電話すると、彼女はもういいかげんにして、と言いつつも、そんなことがあったら変ね・・・と言い始めた。
「飲みに行くもなにも、あの子飲めないじゃないの」
「だから言ってるでしょ」
「この前聞いたら、小さな集まりのときに一人二人と抜けていって、最後にその人と二人になったって言ってたわよ」

わたしは舌打ちをしたくなった。
そのシチュエーションって何? 終電の前? 毎回毎回そういうことが起こるの? だとしたら、もはや恋人じゃん!
「フェイスブックっていうのがあるの? それ、全世界から見えるの?」
「妹はそういう設定にしてるの。友達だけしか見れない設定もあるの」

母親はフェイスブックに危機感を募らせていたので、また妹に連絡したときに話すだろう。
わたしはとにかく、わたしは全部知ってるんだ、だからわたしを睨みつけるのをやめるように言ってくれ、と言った。
彼女がわたしを、また妄想を起こしているんだとみるか、本気で恐れるかは知らない。
ただ、このままわたしを避け、睨みつけるような態度をなんとかしてもらいたいと思うのだ。

人気Blog Ranking (日記雑談・その他)へ
(↑クリックして下さると励みになりますJ

最終更新日 : 2019-12-17