FC2ブログ

介護疲れの兆し

ugai_kuma

昨日、一度激しく咳込んだら、その後、喉がオエッとなってはまた咳込む、という状態になってしまった。
風邪じゃないよな・・・、とにかく咳込んでいるというより、えずいているので、ちょっと苦しい。
父の看病で疲れているのかな。なんかヤバイ気がする。

ヤバイといえば、母もそうで、数日前から「腰が痛い」と言い始めている。
今朝にいたっては、夜と早朝の2回、二人して父のトイレと嘔吐の介助をしたので、さすがに「眠い・・・」と言っていた。
父の容態は危篤状態とはいえ、「日馬富士、引退したよ」と話しかけたら、「優勝は?」と訊いてくるだけの元気はある。
これでも、これだけ話していたのに、突然亡くなることもあるそうだ。
でも、そういう死に方の方がいいように思うけれど。

わたしの身体のガタはそれだけではなく、父の呼び声にダッシュしようとしたとき、足の親指を捻挫してしまった。
気をつけないと、いま、ケガして歩けなくなったらすごくマズイ。
介護人が痛んでくるって、事実なのね。
もし、思いのほか父が長生きしたら、こんなんじゃもたないよ。

そんな折、かねてから決まっていた大学陸上部の集まりの案内が来たのだが、わたしは到底行けるはずもなく、女子キャプテンのRちゃんに「父が危篤で」と嘘っぽい理由を伝えた。
Rちゃんは「それは大変!」とねぎらってくれたが、わたしとしては、行きたかったな。
今回は、山口から大阪へ、所用でやってくる同級生を囲む会だったのだ。
Rちゃんは、「うちらはまた会えるから」と言ってくれたが、山口県のSさんとはしばらく会えないだろうな。
うちの大学陸上部って、現役時代はいろいろ険悪な人間関係もあったんだけど、歳追うごとに、だんだん結束が強まっている。

こんな、少しばかりしんどい毎日を送りつつ、わたしはまたスマホゲーム「どうぶつの森・ポケットキャンプ」をやり続けている。
これは、唯一の心のやすらぎなのだ。
いまはとにかく、父の介護に全力投球しなければならない。
父の介護に関して、一かけらも後悔のないようにしたいのだ。
由巳ゆみ.
Posted by由巳ゆみ.