FC2ブログ

父のラストスパート

kareha

父はもう、完全に植物状態になってしまった。
自ら意思表示をすることはなく、ときどきゴウゴウと大きな息をしているだけである。

しかし、今朝なんとなくうめき声がしたような気がしたので、父の部屋へ入ってみると、大量の吐瀉物があった。
慌てて母を呼び、二人でなんとか片づける。
その後、看護師さんが来て、バイタルチェック等をしたあとで、「これだけ尿が出てたら、まだまだいくわ」と言った。
わたしと母は、「もうだいぶしんどいやろうから、早く楽になるといいのにねえ」と話した。

看護師さんは、「もう意識はない」と言ったが、ほんとうなのだろうか。
わたしは一応、意識があるものとして、父に接している。
ホスピスに行きたがっていた父なので、なるべく二時間おきくらいには、見回りに来ようかとか。
しかし、ここに来てまた問題が起きた。
わたしの、例の吐き気である。

このまえは、父が生への執着のあまり、わあわあ叫ぶのが吐き気の原因だったが、今回は吐瀉物の強烈な臭いである。
それは、胃液と胆汁なのだが、とにかくツンと鼻につく。
わたしは、マスクをつけずに吐瀉物を処理したのは、失敗だったと反省した。
この臭いは、常時口から臭っているので、また父の側に行くことを考えると、悪いけどまた吐き気がしそうだ。

それにしても、こんなふうにみんなの世話になりながら、生きながらを得るのは、父の本望ではないだろう。
きっと、迷惑をかけずに楽になりたいはずだ。
だから、もうあまり無理しなくていいよと言いたい。
わたしと母も、結構疲れている。
みんなでしんどい思いをしなくていいんじゃないの。

ただ、在宅看護に関して、看護師さんが「病院はやっぱりしんどいですよ。点滴抜いたら、拘束しますしね」と言っていたので、決してくたびれ損にはならないんだと思った。
あと少しだ。
父が楽になれたら、わたしもとにかくゆっくりする。
そして、スマホゲーム「どうぶつの森・ポケットキャンプ」を、心ゆくまで楽しむのだ。
由巳ゆみ.
Posted by由巳ゆみ.