FC2ブログ

母と二人の生活

yuri

今日は朝8時半まで寝ていた。
正確に言うと、4時半に起きて、1時間ほどスマホゲーム「どうぶつの森・ポケットキャンプ」をやったあとで、また寝たのである。

父のいなくなった家は、がらんとして、いままでとまったく違う。
母は、しゃべってはいるが、ときどきぼーっとして、まったく元気がない。
しばらくはこんな日々が続くんだろうな。
55年間続いてきた関係がなくなったんだから、無理もない。

わたしは、身体がだるくて疲れている。
なんだかんだ言って、まだ葬式の残務処理は終わっていない。
世話になった方々へのご挨拶、葬式屋への支払い、その他もろもろ。
妹なんかは、葬式にちょっと来て、ああ亡くなってしまったで終わっていると思うけど、こっちがいまだに仕事を抱えていることなんか、考えていないだろうな。

そういうわけで、明日は初七日、明後日は祭壇のスペースをつくるための作業、その翌日は葬儀屋への支払い、そして市役所へ手続き、寒中見舞いの作成などがまだ残っている。
全部終わるのは、年明けだな。
母とは、もう今後、おせち料理はやめようと言っている。
それでいいと思う・・・、わたしもお酒をやめたので、薄味のつまみだけで一食とするのはしんどいものがある。

わたしと母は、父が亡くなったことで関係性が変わっており、いま両者とも腹の探り合いをしている。
お互いうまくやらなければと考えているのだが、どうしても合わないところがあるので、言動に注意しながら、ぎこちなくやり取りしている感じである。
わたしは、母の、「同じことを何度も言う」と「言わずもがなのことを言う」と「感情的ですぐ噛みついてくる」が、話をしていてとても辛いのだが、これは無視するしかないだろうな。
向こうはわたしの、「言い方がきつい」「スパッと切り捨てる」「優しくない」が不満だと思うが、わたしはうやむやな話が嫌いなので、話題を選んで黙っているしかない・・・。
ちょっと家にいるのが辛いかもしれないな。
ちょくちょく自宅マンションに行って、リフレッシュする必要が出てくるかもしれない。

母と二人の生活は、ほんとうに不安でいっぱいだ。
もともと好きな人じゃないから、間違っても、母娘べったりカップルのようにはいかない。
わたしが病気で躁になったときは、異常にイライラするので、そのときのことも心配だ。
自分のマンションがあるのが、幸いだと思う。
とにかく、これからの生活のリズムをつくっていくことが、当面の課題かなと思う。
由巳ゆみ.
Posted by由巳ゆみ.